関西日田会

夙川座公演のご案内

〜関西在住女性作曲家による上方ミュージカル第1弾「レンチェル・カーソン」〜


〜楽しい手話通訳付き〜

 関西日田会 様

 大変な騒ぎがいまだに続き、 外出にも気を遣う今日 この頃、 皆様いかがお過ごしでしょうか。

. 今回、 夙川座では、上方ミュージカル」 として、レイチェル・カーソン やめなはれDDT!」を制作し

11月21日土曜日に公演します。

 コロナ禍であるにもかかわらず、いえ、だからこそ、上演する価値のある舞台です。

 レイチェル・カーソンは、その著書『沈黙の春』で殺虫剤「DDT」の危険性を訴え、世界は農薬の使い方を

変えたのでした。ところが『沈黙の春』を書きあげた時、すでに乳がんに冒されていたレイチエル・カーソンは、

その人としてマスコミに露出した期間が短かったため、謎めいた人物として語られることになりました。

 今回、夙川座では、レイチェルを、一人の女性として描きます。使用する楽曲はすべてオリジナル、京都

在住の女性作曲家・山田美由紀が担当します。

 出演は関西で人気の若手歌手を中心に、世界的な二胡奏者・鳴尾牧子も重要な役割を演じます。セリフの

ほとんどは関西弁、楽しい笑いも満載です。

 夙川座のモツトーは 「吉本の笑い、 松竹の人情、 宝塚の歌が一度で楽しめる」です。

1000席規模のホールにお客樣はわずかです。三密無しです。是非、公演をご覧いただければ、幸いです。

※ 原作・脚本・歌詞は、劇作家の伊佐山紫文氏(夙川座付作家)で日田市出身です。

                     令和2年9月 夙川座一同
                     株式会社夙川座 09080430352 shukugawaza@gmail.com
                                    https://shukugawaza.oom